1. まず、お米は正確に量って下さい。

 

  計量カップですくって、

  横から見てオッケー・・・は駄目ですよ。

  トントンと計量カップを叩いて、

  箸などですり切って下さい。

 

2. 美味しく炊く一番のコツは、洗米の仕方。

 

  昔は精米技術が低かったため、

  ヌカや汚れを落とすために ごしごしと洗っていましたが、

  現在の精米技術は格段に進歩しており、

  ほとんどヌカは残っておりません。(優良精米店の話)

 

     お米は洗うのではなく、すすぐ程度で良いんです。

 

  けんちゃんの場合、ボールとザルを使って すすいでいます。

  ただし、ザルは水切り用で、ザルで、すすいではいけませんよ。

  お米に傷がついてしまいます。

 

3. 最初のすすいだ水は、出来るだけ早く捨てて下さい。

  お釜ですすぐ人もいますけど、絶対NGですよ。

  (お釜の内側のコーティングがはげてしまう原因になります。

   はげちゃうのは、けんちゃんもさびしがるよ、と妻が言ってます。)

 

  2、3回すすぎを繰り返し、すこ~しだけ濁ったお水でオッケイです!

 

  すすいだ後も

  お水が白くにごっているのは、

  ヌカや汚れではなく、

  うまみ成分なので、ご心配なく。

 

 

4. お水の量も正確に。

 

  浸水時間は、季節やお米の種類や、精米してからの時間や、色々ありますが

  お米の袋などに書いてある時間でまぁまぁよいでしょう。

  ちなみに長すぎるのもかえって駄目ですからね。

 

 

       これで大丈夫!!

 

 

      まだまだ美味しく炊くコツはありますが、

      この先は、当店のお米を買ってからのお楽しみでーす。